2012年11月07日

ソーシャルTVのスタートアップmisoがQuipsをリリース

日本でもグリーとVOYAGE GROUP、ソーシャルビューイングアプリ「emocon」を
リリースするなど”ソーシャルTV”周りはいろいろなサービスがこれからも
出てくるのではないかと思います。

アメリカでもいろいろなサービスが出てきていますが、Techcrunchに紹介されている
Quipsというサービスが面白そうです。

元記事はこちら
Social TV Startup Miso Pivots Again, Launches Quips App To Let Users Share Their Favorite TV Moments

<ここから翻訳>
多くのスタートアップと同じようにソーシャルTVのスタートアップのMisoは多くの
ピボットを繰り返してきた。この会社はTV番組へのチェックインアプリとして
スタートしたが、すべてのTV番組へのガイド作成、閲覧サービスへとシフトしていた。
そして再度ピボットし、新しいプロダクトをはじめた。その名もモバイルアプリ
Quipsで、TV視聴者が友達とTV番組の場面をシェアできるアプリだ。

Quipsアプリにログインするとどの番組をフォローしたいかを聞かれる。フォローを
するとその番組の名場面の画像やキャプションを見ることができる。このアイデアは
Quipsは利用者がお互いに魅力的だと思う画像をシェアしあうことで面白い瞬間を
ソーシャル化しようというものだ。利用者は番組を選択し、エピソードを選び、画像を
選び、キャプションをつけて、投稿するもしくはツイッターやFacebookでシェアする。

このアプリができたのはMisoがSideShowsという製品で得た失敗の体験があったからだ。
昨年彼らはSideShowsを、好きなテレビ番組内容のインタラクティブなガイド作成ツール
としてスタートさせた。ガイドを作ればMisoのアプリの利用者は視聴者が自分が得た
視聴体験に基づいて作成したトリビアやコメントや追加の情報などが付いているTV番組情報を
見ることができた。

MisoのSideShowsはうまくいかなかった。Misoのビジネス開発ヘッドのPrakash Venkataraman
によると、ひとつの理由としてはガイドを作るのが難しすぎたからだ。サービスとしては
誰でも番組紹介を作れる仕様になっていたが、実際会社としては放送局に参加してもらって
ガイドを作ってほしいと思っていた。唯一の問題は?Misoは概してアテンションを集め
られるだけの視聴者を集められなかったのだ。

しかしこのスタートアップは面白いことをひとつ見つけた。ガイドを作っている人たち
というのは自分が見た番組の特定の場面にフォーカスして内容を紹介していたのだ。そして
それ自体が追求したくなるような面白い視聴者の行動だったのだ。

そしてQuipsが生まれた。

このアプリは最近のセカンドスクリーンもしくはソーシャルTVアプリに存在している
多くの複雑なものを取り払ってくれている。それは歓迎すべき変化だ、というのも
ほとんどのこのカテゴリのアプリはいろいろとやることが多すぎたのだ。このアプリでは
2、3しかやることがない。画像選択、キャプション付け、シェア、以上だ。そして
その意味でこのアプリはTV用のツイッターのようなものだ。しかしもっといいと思う。
というのも人々はテキストとは異なる方法で画像に反応するからだ。つまり番組から
テキスト情報をシェアするのとは異なる体験が得られるということだ。

Venkataramanが言うにはQuipsは500以上の番組から15万以上の画像を抽出している
という。しかしどうやってこれらの画像を得たのか、もしくは画像使用の条件について
話してはくれなかった。これは明らかにMisoが何らかの特許利用をしているためでは
ないかと思われる。そしてコンテンツ保有者に参加してもらうために画像もしくは
特許の利用を許可しているもしくはしていないという状況ではないだろうか。とにかく
Misoが話しをしたくないいわゆる秘密があるということだ。

明らかにQuipsはYahooが所有するIntoNowが今年の初めの方にリリースした機能に
似ている。この競合のソーシャルTVアプリを使うと利用者は番組を見ている間に
memeっぽい画像キャプチャを作ることができる。

Misoは2010年に設立されてからトータルで600万ドルを調達している。これには
去年の12月にKhosla Ventures主導で行われた400万ドルのラウンドも含まれている。
そのほかにはGoogle VenturesやHearst Interactive Mediaが投資家にはいる。
この会社には10人のフルタイムの社員がいて、サンフランシスコに本社がある。

スタートアップ達よ、こんな風にやっていることについての情報公開を渋らないでくれ!
うさんくさくなるし、不誠実に感じる。そして何をやっていても終わってしまうのではないか、
と思ってしまうよ。

<ここまで翻訳>

Misoとしては自分たちがやりたいことのためにいろいろと画策しているんでしょうねー
確かに情報公開してくれることに越したことはないのでしょうけど・・・今後の展開に
期待しましょう。

ちなみにQuipsは現在日本からは利用できない状況です。

IntoNowについては見てみましたが、基本的な使い方である、番組の音声を聞かせてからの
画面キャプチャー提示という流れでした。
ラベル:MISO quips IntoNow
posted by やまも at 18:30| Comment(0) | テック系海外ニュースサイト翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。