2012年09月27日

native advertising(ネイティブアドバタイジング)は次世代型広告?

native advertising(ネイティブアドバタイジング)って聞いたことありますか?

最近テック系海外ニュースサイトを見ていると、結構よく見かけます。

例えば・・・
What Is ‘Native Advertising’? Depends Who You Ask

Sharethrough Unveils Its Sponsored Videos Platform To Deliver Native Ads

A Framework For The $10B+ Native Advertising Market

といったところです。最後の記事は結構なボリュームがあります。。。

で、native advertising(ネイティブアドバタイジング)って何か?ということですが、

2番目の記事から引用します。

When Greenberg talks about “native” ads, he means ads that don’t look like your traditional banners, and instead like an organic part of the website. They need to be clearly marked as advertising, but when a reader/viewer looks at them, the ads should register as another type of content, rather than some random crap they can ignore.

Greenberg(訳注:人の名前です)が”ネイティブ”アドという時、彼が意味するところとしては、
伝統的なバナーのように見えるアドではなく、かわりにウェブサイトの一部のようなものだ。
明確に広告であると明示されている必要があるが、しかしながら読者や視聴者が見た時に、
それらのアドは無視可能なランダムなゴミというよりは、別のタイプのコンテンツと見なされる
ものだ。

So Sharethrough allows publishers to incorporate sponsored videos in three standard layouts − the feed, the gallery, and the grid. In each case, the video should appear as just another piece of content, with a little indicator that it’s an ad.For example, if we added the sponsored video unit to TechCrunch (this is just hypothetical), it could show up as just another post in the feed, or maybe one of the links in the four featured stories at the top of the page.

つまりSharethrough(訳注:上記GreenbergがCEOを務める会社です)によってパブリッシャーは
スポンサードされた動画を3つのタイプのレイアウトでコンテンツに含めることができるーフィード、
ギャラリー、そしてグリッドだ。どのケースにおいても、動画は別のタイプのコンテンツとして
表現される。それは広告だよ、という小さな明示とともに。例えばもしスポンサードされた動画を
テッククランチに加えたとする(例えばの話)。そうするとフィードの中に別のタイプのコンテンツ
として現れる、もしくはページトップのフィーチャーストーリーの一つになるかもしれない。

最近話題になった本として「ウェブはグループで進化する」をご存じでしょうか?この本の中に

以下のような記述があります。

この100年間というもの、マーケティング担当者はメッセージを伝える手段として妨害型のマーケティングに頼ることを続けてきた。新しいテクノロジーが登場するたびに、それをどうやって『人々の間に割り込み、メッセージに注目してもらうツール』として使うかを考えてきたのである。テレビ番組を観ていれば途中でCMが入るし、運転していれば屋外広告が注意を逸らそうとする。雑誌記事にも途中で広告が入るし、ウェブサイトも同じような状況だ。


今この”妨害型マーケティング”は、消費者からほぼ”無視”される存在になりつつあります。

ボリューミーな3番目の記事から引用しますね。


Over the past ten years, publishers have continued to monetize their sites with banners and pre-roll ads, and advertisers have continued to pump billions into these formats, in spite of tanking performance and near- universal disdain. While click-through rates on display ads started out at around 9% in 2000, they now hover around 0.2% – which means 99.8% of banner ads are completely ignored. Meanwhile, led by YouTube and Hulu, the pre-roll ad market is only shifting in one direction: towards “skippable prerolls,” not forced interruption. And preroll skip rates are only moving in one direction (hint: when you give users the ability to skip annoying ads, they usually do).

10年以上に渡り、パブリッシャーは自分たちのサイトをバナーとプリロール広告でマネタイズ
し続けてきた。そして広告主はこれらのフォーマットに何十億とつぎ込んできた。低い
パフォーマンスそして恥に近い状態でありつつも。クリック率は2000年にディスプレイ広告が
スタートした時には9%だったが、今や0.2%周辺。つまり99.8%のバナーは完全に無視されている。
一方でYouTubeとHuluに牽引されてプリロール広告は一つの方向にむかっている。”スキップ
可能なプリロール”だ。プリロール広告のスキップ率も一つの方向に向かっている(ヒントは
邪魔な広告をスキップできるとしたら、利用者は普通してしまうということだ。)


いろいろなところから引用をしましたが、要は・・・

・従来のバナー、動画の前に入ってくる広告は、いわゆる”妨害型マーケティング”に属する。

・そして読者や視聴者はこういった広告をもうほとんど見ることがない。

という状況があり、そういった状況に対して、ネイティブアドバタイジングというものが

登場してきた、というように見ることができます。


「ウェブはグループで進化する」の中には”妨害型マーケティング”は”許可型マーケティング”に

移行するということが書いてあります。Facebookのいいね!がまさにそれに該当する、

ということです。


一方で今回ご紹介しているネイティブアドバタイジングは、許可よりももう少しゆるい形です。

Facebookのフィードに流れてくるスポンサード広告などもその一種ではないでしょうか。

特徴としては”広告”ということが明示されていても、提供のされ方がメインのコンテンツと

全く同じであるために、まさに別のタイプのコンテンツとして、消費される、というところですね。

ツイッターのプロモツイートもその方向だと記事にはあります。


Facebookやツイッターはこのネイティブアドバタイジングを自分たちのプラットフォーム上のみで

行おうとしています。しかし、上記の記事全てに登場するSharethroughという企業はこの仕組みを

オープン化しようとしています。つまり、どんなサイトであってもこのネイティブアドバタイジング

という仕組みを導入できるようにするということです。サイト内のコンテンツと同じような形で

提供するということは多少の表示の仕方の調整などは発生しそうですが、オープン化することが

できれば面白そうですね。


最後にネイティブアドバタイジングの概念インフォグラフィックを載せておきますね。

native-ad-framework-1.jpg
posted by やまも at 19:01| Comment(4) | テック系海外ニュースサイト翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

Shazamが考えるソーシャルtvとは?

音楽を聞かせるだけで、その曲名を検出してくれる

アプリShazam。洋楽が好きな人なんかには欠かせない

アプリですよね。


そのShazamがテレビに進出したようです。

Shazam Makes Its Big TV Push, Says App Can Now Tag Any Show On Any Channel
↑こちらの記事から抜粋してお伝えしますね。

Shazam just announced that it’s expanding its TV efforts beyond individual partnerships. Chief Revenue Officer Doug Garland says the company has created a comprehensive experience for TV, allowing users to tag any show on any channel. This functionality is actually live in the current version of the app − Shazam just waited a little while to announce it. (Unable to resist the pun, Garland says, “We were getting it ready for prime time.”)

Shazamは、個別のパートナーシップによって事業範囲をTVに広げているということを
発表した。チーフレベニューオフィサーであるDoug Garlandが言うには、彼らは包括的な
テレビ体験を作り出した。それによって利用者はどのチャンネルのどの番組にもタグ付けを
することができるようになった。この機能は実は現在のバージョンのアプリで利用できるの
だが、Shazamはアナウンスするのを少しの間待っていた(駄洒落にならざるを得ないのだが、
Garland曰く「プライムタイムを待っていた」とのこと)。


When you’re watching a show, you should be able to tag it the same way you’d tag a song, by opening the Shazam app and tapping the big button. In this case, it’s not really about identifying the show (since you probably know that already). Instead, it offers cast information, trivia, celebrity buzz, live Twitter feeds − and yes, it can also identify featured music.

テレビ番組を見ている時に、Shazamのアプリを開き、あの大きなボタンをタップすることに
よって、曲に対して行うと全く同じようにタグ付けをすることができる。今回のケースは、番組が
何であるかを知らせるというものではない(というのも既に見ているということは知っているという
ことだから)。その代わりに、アプリは出演者の情報やトリビア、有名人のバズ情報、ライブの
ツイッターフィード、そしてそう、流れている音楽を教えてくれる。



Shazamと言えば、知らない音楽の曲名を教えてくれるアプリでしたよね。だからTV番組でも

同じようなことをやるのかな?と思いきや、番組を見ているのであれば、その番組が何であるか

についてはわかっているはずだから、関連情報を提供する、という機能にしたんですね。



記事の中でも触れられていますが、去年Yahooに買収されたIntonowと機能的にはかぶります。

これについてはShazam側は、既に音楽アプリとして、膨大な顧客を持っていることが強みだと

言っています。なんと世界中でのダウンロード数は2億5千万回に上るそうです。


今後はFacebookの友達がどんなタグ付けをしているのかがわかるようになったり、

タグ自体がFacebookのタイムラインに出てくるようになるそうです。



今回”プライムタイム”を待ってアナウンスされた機能はどちらかというと現状流れている番組を

補完するような役割になるということですね。既に見ている番組についての詳しい情報や、他の

友達がどんなタグ付けをしているか、ということがわかるようになる。あくまで自分がその番組を

見ようとすれば。


ただ、アメリカの場合は通常のTV局の番組もそうですが、ネット上にたくさんある動画から

どれを見ればいいのか、自分が欲しい番組や動画はどうやったら見つかるのか、そういった

部分については対応していないようです。要は動画の発見ですね。




動画の量がすさまじい量になっている中でやはりここが解決されないと、利用者の利便性の

向上はあまり大きくないのではないかと考えます。記事の中にもありましたが、今回のように

見ているTVの詳細情報であれば、見ているだけにTV番組などもわかるわけです。そうしたら、

普通に検索をしてしまえばいいということにもなります。もちろんShazamを使うことで、そういった

検索の手間は省けますし、番組の中でかかっている音楽が何なのか、ということについても

わかるでしょう。ただ、これはもともとShazamが持っていた機能なので、利便性の向上までには

ならないような気もします。もしくはTV局の番組アプリなどでも補完できますね。


これもShazamが記事の中で言っていることですが、2億5千万という顧客基盤があります。

この顧客達がタグ付けを始めたらものすごいデータが集まってくることになります。おそらく

Shazamはこの集まってきたデータを使って次なる展開を考えているのではないかと思われます。

ShazamのソーシャルTVに向けた動きも目が離せませんね。

posted by やまも at 22:04| Comment(0) | 動画系サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

テレビ朝日のテレ朝動画アプリ(公式)を使ってみたよ。

テレビ朝日がYoutubeにおける動画の視聴の利便性を

向上するためにアプリを出したとのことだったので、

早速ダウンロードしてみた。

写真 (61).PNG

↑これがアイコン。かわいい。

写真 (1) (1).PNG

↑起動した画面。テレビ朝日の公式Youtubeチャンネルの動画が見れるのかな〜

と思って試しに一つタップ。すると・・・

写真 (2) (1).PNG

おぉ、ん?動画を再生ボタンの下に書いてあるのは・・・

「ここから先はYouTubeのサイトです。」

まじ?で、動画を再生ボタンをタップしたら、ブラウザが起動し、

本当にYoutubeのサイトへと飛ばされました。

ソーシャルへのシェアボタンも付いているんだけど、見てないのに

いきなりシェアはできないような気がする・・・お気に入りも同様。。


先日リリースされたYoutube公式アプリを立ち上げ、

「テレ朝」で検索した結果が↓こちら。

写真 (3) (1).PNG

こっちのチャンネルをフォローした方が、いちいち

画面を切り替えなくてすむから便利なような・・・

テレビ朝日のYoutube動画一覧を表示するという意味では

利便性は向上したような気もしますが。。。

番組ごとにチャンネルが分かれているのをまとめたという

点もあるのかも??
posted by やまも at 23:30| Comment(0) | 動画系サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。